戌の日の安産祈願体験記

いざ安産祈願のお参りへ!受付で初穂料を納めて待合室へ

戌の日の安産祈願に行った神社

私が安産祈願に近くの神社へ行った戌の日はちょうど大安。

11月という季節がら、神社はすでに七五三のファミリーだらけで、とってもにぎわっていました。

まず、神社の「祈祷受付」窓口で、受付表に住所と氏名(ママの名前)と出産予定日を記入。

そして渡された初穂料の袋に5,000円を入れ、受付完了。

20分〜30分くらい待ち合い場所で待ち、その後名前を呼ばれ、本殿へ。

私とパパの他に、もう一組安産祈願に来られたカップルがいました。(その方は妊娠7ヶ月で、5ヶ月の戌の日には忙しくて来れなかったと言っていました。)

もっとたくさんの方が安産祈願に来ていると思ったけど、意外に少なかったです。

いよいよ祈祷開始!七五三チームと一緒!?

戌の日の安産祈願で腹帯をお祓い

お祓いを始める前に、神主さんから「お持ちになったさらしなどはございませんか?」と聞かれ、持参した新品の腹帯(さらしと腹巻タイプのもの2つの計3つ)を神主さんに渡し、その後お祓いをしてもらいました。

(こちらの神社はさらし以外も全てお祓いしてくださいました。)

祈祷は、安産祈願チームと、七五三チームと、交通安全チームが一緒に行いました。

初めは、「え!?みんな一緒にやるの??」と思いましたが、よく考えたら神様は同じですからね。(笑)

逆に七五三の元気な子どもたちと一緒だったから、賑やかでとってもよかったです。

祈祷は、祝詞奏上、玉串奉奠等を行い、だいたい30分ぐらいで終わりました。

お祓い終了後、安産のお守りとお札(?)、お菓子とお神酒をいただきました。

安産祈願してもらったおかげか、ちょっとホッとして、気持ちに余裕が出てきました。

やっぱり、お参りに行ってよかった!

安産祈願に行くかどうか迷ってらっしゃる方は、ぜひ行かれた方がいいと思います。

妊娠5ヶ月を無事に迎えたら

「どんな腹帯がいいのかわからない…。」先輩ママに聞く腹帯の選び方

腹帯は経験者の口コミを参考にすれば間違いなし。何でもいいってわけじゃないんです。

母子手帳の副読本にも掲載されている優れモノとは?

育児雑誌「たまごクラブ」でも見つけた優れモノ。これが妊婦生活にも育児にも大活躍するワケとは?

インフルエンザが怖くて、買い物に行くのが心配…。そんな時は?

安定期とはいえ、新型インフルなど、まだまだ安心できません。賢いプレママは、ネットでお買い物が正解!